ぎふドラムサークル

♪リズムでコミュニケーション♪ 各務原市在住のまっちゃん(松尾 志穂子)がドラムサークルを開催しています。 タイコでトコトン楽しみましょう!   ※プロフィール更新しました。  

4月ドラムサークル こころのチカラ

2011/04/22 23:02 ジャンル: Category:スケジュール
TB(0) | CM(0) Edit

4月17日は、2ヶ月ぶりのぎふドラムサークルでした。

今月も、皆さんのお陰でとてもハッピーな空間でした。
ここ数ヶ月、障がいをお持ちのお子さん連れの親子さん参加が多いのですが、
だんだんと、この場が安心できると思っていただけたようで、
回を重ねる毎に、自然体で楽しんでくださるようになり、
またそれが、新しいハッピーをサークルに運んできてくださいます。

近所を散歩していた日野のお孫さん連れのご夫婦が、
「太鼓の音が聞こえたから」と、飛び入り参加して下さるほど、
熱くドンチャカやっていたようです。

いつも暖かく支えて楽しんで下さる常連さん、
名古屋から初参加して下さった方々。
元気いっぱいの子どもたち、
そしてドラキャン7同窓会メンバー。
1度として、全く同じメンバーですごしたことはないのに、
ドラムサークルって不思議。
受容の空気で満たされていく。

このことを、久しぶりに参加して下さった友人が、
「居心地の良さが進化してる」と言ってくださいました。
とても嬉しいお言葉です♪

そんまぎふDCの様子は、お馴染みもんちゃんさんが素敵な写真に収めてくださっています。
是非こちらをご覧ください。
もんちゃんのカメラ大好き

    
後半は、被災地に想いを馳せ、祈りのDCをしました。
鍵ハモで、心を込めてアメイジンググレースを弾き始めたら、
どんどん皆さんの太鼓が熱く重なっていきました。
確かにこれは祈りの音楽だと思いました。
ただただ音楽だけのシンプルな祈り。


被災された方の途方もない道のりや、言葉にすらできない深い悲しみ、
ちっぽけな自分のもどかしさや、
どこに訴えるべきかもわからない不安や…、
今回の震災は、日本人皆が大なり小なり傷を受けている。
原発の問題では、私たちは多くの負の遺産を次の世代に残してしまった。

力をつけなきゃ、と思いました。
3月に震災があったから、4月に祈っておしまい、という問題ではないのです。
子どもたちにまで、背負わすことになってしまった、
この先途方もない時間を、ちゃんと生きていける力をつけなきゃ、と思いました。
息切れしないように、こういった時間をこの先も持ち続けてきたいなあ、と
私個人としては、気持ちを新たにした時間でした。


ということで、早速カタチにしましょ!
皆さんから募金箱にいただいた義援金に、
今回の参加費の1部を足しまして、10,000円ちょうどを、
「アジア太平洋子ども救済センター この指とまれ」
http://ameblo.jp/gifu-konoyubitomare/  
に、振り込んで参りました。

できることを無理なく、長く続けていこうと思います。

ではでは!!
5月は4日(水曜日)に、開催です!
場所は日野公民館、いつもの10時~11時半
ご都合よろしければ、是非ご参加くださいね♪
お待ちしてま~~す!!
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん


まっちゃんのプロフィールはこちら

月に1回、岐阜市の日野公民館にて定例ドラムサークルを行っております。地図などはこちら
会場案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問ありがとうございます